2017年05月 - 大阪市中央区の治療院ブログ|ひがし鍼灸接骨院

ひがし鍼灸接骨院
ひがし鍼灸接骨院
2017年05月25日 [骨盤矯正]
<出産後の骨盤はどうなるの?>
産後の骨盤の広がりや歪みなど良く耳にしますが、なぜ産後の骨盤がそんなに騒がれるのか?
それは産後の骨盤は特別な能力を使うからです。
出産という大仕事を終えた骨盤は広がり、捻れ、そして歪みやすく不安定になっているからです。

妊娠後7〜8か月から出産に備えてホルモンが分泌されます。
そのホルモンは骨盤周りの靭帯をゆるめて出産がしやすくなります。

赤ちゃんの頭の大きさは直径約10cmといわれています。
普通の状態では出てこれませんので産道を緩めるためにホルモンが分泌されます。

この緩んでいるという表現は産後の骨盤が不安定ということになります。
赤ちゃんが出て来るために緩んでいるので必然的であって何もおかしなことではありません。

<産後6か月間のケアが重要です>
赤ちゃんが産まれてからお母さんには育児というハードな生活が待っています。

産後の骨盤は赤ちゃんを出産したことにより広がっていて靭帯などが緩んだままなので不安定です。
この不安定な状態で抱っこ・オムツ替え・沐浴など無理な姿勢や負担のかかる動作を行うことで歪みが起こりやすくなっています。
緩んだ靭帯が元に戻っていくのに約6ヶ月〜1年ほどかかる言われています。

この期間に歪みを調整し、広がった骨盤を締めていくことが重要になってきます。
ただ6ヶ月経てば勝手に骨盤が出産前の状態に戻るということではないのでご注意ください。

<なぜ産後の骨盤矯正をしたほうがいいのか?>
「骨盤を歪ませないためでしょ?」と思うかもしれませんがそれだけではないんです。
骨盤の歪みは、それだけにとどまらず、他の様々な不調につながっていくんです。
・スタイルの変化
「産前に履いていたジーンズが入らない・・・」
「旦那に体型を指摘された・・・」
「体重が●キロ増えて戻らない・・・」
など多くの女性が産後に体型にコンプレックスを抱き悩んでいます。

何かやらないといけない・・・でも産後は育児でケアなんてやってられない!
授乳、抱っこ、オムツでそれどころではないですよね・・・
これが産後ママの本音だと思います。自分のケアをしている時間なんかないとおもいます。
でもやっておかないと後から色んな問題が起こるかも知れません。

産後最も体型の変化として気になると言われているのは「お腹」、ついで「お尻」と言われています。
これは産後広がってしまった骨盤や傾いてしまった骨盤が原因であることが多いです。
特に産後ママの気になる部位は「ぽっこりお腹」です。

実は”ぽっこりお腹”は産後の骨盤の歪みも原因の一つなんです。
頑張って筋トレをしてもへこまないお腹なのです。
産後の骨盤矯正をすることでこれらの体型の変化は改善できます。

産後の骨盤矯正は育児ママの「美しさ」にもつながります。
育児休暇中に元通りの綺麗なママになれたら嬉しいですよね。

<不安定な骨盤は体のトラブルになる>
産後のママにとってスタイルが少々崩れるのは仕方ないですが
毎日を過ごすにあたって辛いのが腰痛・肩痛・股関節などの体のトラブルではないでしょうか?
体の土台である骨盤が不安定になることで他の筋肉や靭帯がかばうため、余計な負担がかかりあちこちでトラブルがおきます。

産後は筋力の低下も起きているので、骨盤を支えている”骨盤底筋”という筋肉が緩んでしまい
尿漏れや、内臓下垂などのトラブルも一緒に引き起こします。
この不安定な状態は猫背や反り腰などにもつながります。不安定な骨盤は体のトラブルの元凶ということです。

いくら可愛い自分の赤ちゃんでも精神的、肉体的にも疲れることがあります。
そこを乗り切るためには体が疲れていたり痛みがあっては心に余裕が無くなってしまいます。
今後の自分の健康と美のために正しい骨盤矯正をおすすめします。





2017年05月17日 [骨盤矯正]
家事腰痛(かじようつう)
家事は体調に関係なく毎日しなければいけません。終わりのない作業が延々と続くので
「一生このまま腰痛を持ちながら暮らしていかなければいけないのか」などと不安を
お持ちの方もたくさんいらっしゃると思いますが心配いりません。
定期的な正しいメンテナンスとちょっとした運動やストレッチなどで改善出来ます。

<どうして家事腰痛になるのか?>
家事は体を丸めて前かがみ(前傾姿勢)になったり
逆に背中を伸ばしすぎて背中が反るような姿勢になったり
負担のかかる姿勢を続けなければなりません。
腰痛には悪影響を及ぼすことが多いです。

家事ひとつひとつではそこまで腰に負担はかかりませんが、一つ一つが積み重なっていくと
徐々に腰に負担がかかってしまい、いつか腰痛が発症してしまいます。
こうしたことにならないようになるべく腰に負担がかからない姿勢で家事を行い
家事の合間にストレッチなどを取り入れて体が悪い姿勢で硬くならないようにする工夫も必要です。

<家事で腰痛になってしまう3大パターン>

・前傾姿勢での料理や洗い物
調理台が、自分の身長に対して低い位置だと前傾姿勢になって作業しなければいけません。
ずっと下を向いた前傾姿勢で作業することになってしまうので、腰に負担がかかりぎっくり腰などになったり腰痛が発症しやすいです。
腰痛の方は作業する位置を高くしたり、椅子に座りながら家事をするなど
作業する位置を工夫するなどして良い姿勢で作業することで腰痛再発や悪化を防ぐことができます。

・部屋の掃除・お風呂掃除
 掃除機かけたり、モップがけをしたり、お風呂掃除をしたり・・・。常にかがんで作業しなければいけません。
腰痛に悩んでいる人にとってはどれも前傾姿勢で腰に負担がかかる行為です。
お風呂掃除などは、ある程度前傾姿勢になるのは仕方ないですが
部屋の掃除を行うときは掃除機のノズルを長くして、柄の長いのようなもので掃除をすると腰への負担が少なくなります。

・洗濯物を干す
洗濯物を前傾姿勢で取り出して、背中を反って腕を上げ続けなければならないような姿勢で洗濯物を干す。
これも腰に負担がかかる姿勢の連続です。
洗濯物を取り出す時は、腰を曲げるのではなく脚を広げて腰を落として洗濯物を取りだすような姿勢で行えば
腰に負担がかからないので、腰痛予防につながります。
良い姿勢を保つために脚の筋肉を鍛えることにもなりますので、腰痛持ちの方はぜひやってみてください。

 <腰痛治療>には筋肉、靱帯、骨格のズレを調べて正しい方向へ導いていきます。
 骨盤の関節面に正しい方向に力がかかった場合のみ骨盤は動きます。
その条件を骨盤に与えるために考えられた施術法がブロックテクニックです。

特徴1:
子供からお年寄りまで受ける事が可能。
全く痛みが無く、リラックスして施術を受けて頂きます。
特徴2:
体に対して安全な処置
無理な体勢や矯正は致しません。
必要な事だけを説明しながら的確に施術致します。

私の施術法は、骨盤の歪みの方向を調べて
ブロックを当て、ゆっくり関節面を正しい位置に戻していきます。

特徴3:
効果がきちんと現れる!
確実にあなたの症状回復の方向に向かわせます。
安全な施術を心がけている為繰り返しの施術で改善を目指していきます。

多くの方がこの施術法で骨盤を整えて
あなたの土台となる骨盤のバランスを改善し
あなた自身の自然治癒力が最大限に発揮され症状も改善していきます。

運動は誰でも出来る簡単で単純な動きなのですが
非常に効果の高い左右、上下、前後にバランスのとれた運動です。

体は使いっぱなしではくたびれてしまいます。
あなたはかけがえのない存在です。
自分をいたわってあげる事も正しい生き方です。



2017年05月14日 [骨盤矯正]
日曜日も9:00〜14:00まで開院しております。
月に1度だけセミナーで時間変更させていただきますが
毎週ご予約受け付けております。

日曜日は遠方からや仕事がお休みの方に
多くお越しいただいております。



2017年05月06日 [骨盤矯正]
 頭痛にも多くの種類がありますが
とくに”緊張性頭痛”と”偏頭痛”が当院の得意な分野となります。
西洋医学的な検査(CTやMRIなど)は当然必要です。

<緊張性頭痛とは>
 ほとんどの人がこのタイプでたくさんの患者様が定期的に通院されています。
頭痛の前兆があるらしく”そろそろ痛くなりそうだな?”というタイミングや
”今 痛いんです”と言って駆け込んで来られる患者様など様々です。
予防にもなるし疼痛緩和の即効性もあります。
当院で頭痛治療をされた方は頭痛薬を飲まずに過ごすことが出来て
喜んでいただいています。
 
 主にパソコン、スマホなどの事務作業で下向きの姿勢を長時間しなければならない人が多いです。
薬を常用している人でも慢性の人でも
緊張性頭痛の施術には絶対の自信があります!

・原因は?
 頭蓋を包んでいる筋肉が持続的に収縮するために起こります。頭痛の程度に差はありますが
頭を締めつけられるような痛みで長く続きなかなか取れません。
肩こり・首のこりを伴い、首が硬くなって横を向きにくいのが特徴です。
 精神的ストレスや、痛みや眼精疲労による刺激によって引き起こされる筋肉の収縮が原因になります。
また、そこで起きた頭痛がストレスや刺激となり、さらに筋肉を収縮させて頭痛をひどくするという悪循環ができてしまいます。

・施術法は?
患者様は普段着のまま20分くらい仰向けに寝ているだけです。
ポイントは詳しくは言えませんが足の甲、手、顔、痛みのある箇所です。
即効性もあり治療後にはだいぶ痛みは緩和されています。
毎日痛かった患者様が楽になり「2週間大丈夫だった」、「半年間、全く痛みが無かった」
と喜びの声が続出しています。

<偏頭痛>
 偏頭痛も鍼灸治療で改善する患者様が多いです。
血管が拡張することでズキズキとした拍動性の痛みが生じるのが片頭痛の特徴です。
主にこめかみから目のあたりの片側に発作的な痛みがあり、痛みの発作は数時間〜数日間続きます。
片側に現れることが多いですが、両側から痛むこともあり、痛みが起きると、光や音、においに敏感になるのが特徴です。
女性ホルモンと関連があるため女性に多く、20〜40代女性に起こりやすい頭痛とも言われています。
ストレスや過労のほか特定の食べ物や薬などが刺激となる場合もあります。

・原因不明とされていますが
 几帳面で神経質な性格の人がなりやすいと言われています。

・施術法は?
 緊張性頭痛とはちがうアプローチで血管を引き締める施術法です。
交感神経を高めると頭痛が楽になるツボを発見しているのでそこを重点的に刺激します。
主に背骨の近くを鍼灸治療で刺激していきます。

PageTop