2017年03月 - 大阪市中央区の治療院ブログ|ひがし鍼灸接骨院

ひがし鍼灸接骨院
ひがし鍼灸接骨院
2017年03月29日 [骨盤矯正]
<はじめに>
 私も潰瘍性大腸炎を28歳のとき発症して絶望感を味わい約20年続きましたが
今では何の不安も無くビールもガンガン飲み、焼肉やらチーズバーガーやら
食物に対して気を使うこともありません。当時は臭いだけ嗅ぎながら「食べたいな」といつもひもじい思いをしていました。
普段は何気なく食べている物や外出も制限されてしまいます。
いつ便意を催すかわからないので遠出も出来ませんでした。
この病気によって好きなものを食べることの”ありがたみ”と好きな時にどこにでも行ける”喜び”に
気づくことが出来ました。今では潰瘍性大腸炎になったことに感謝しています。
科学的な検査と療法も必要ですが食事、運動、精神状態、当院の施術により自律神経のバランスを整えることが
最も自然体でいられる選択です。


<どんな病気か>
 大腸粘膜が炎症を起こしてただれ、びらんや潰瘍を形成します。症状は粘血便(ねんけつべん)、下痢、腹痛などです。
10〜30代の若年成人に多く発症しますが、どの年代にもみられます。いったんよくなっても再発を繰り返すことが多くあります。
最近、日本でも急速に患者数が増えています。

<原因は何か>
 大腸粘膜に対する自己免疫疾患が原因とされていますが、遺伝や食生活、腸内細菌のバランスなどが複雑に絡み合っており原因不明です。肉体的、精神的ストレスで悪化することがありますが原因というよりも誘因と考えられています。

<症状の現れ方>
 血便、粘血便、下痢、腹痛が主な症状です。ひどくなると体重減少や貧血、発熱がみられます。治療によって改善しても数カ月から数年後に再び悪化し、それを繰り返す場合(再燃緩解さいねんかんかい型)や、症状がだらだらとずっと続く場合(慢性持続型)などのタイプに分類されます。

< 検査と診断>
 診断のためには大腸内視鏡検査(カメラ)が必要です。潰瘍性大腸炎の炎症の特徴は、びまん性、連続性と表現され、大腸粘膜の全周にわたる炎症が直腸から連続してみられます。炎症が直腸だけに限られている直腸炎型、直腸から大腸の左半分まで広がっている左側大腸炎型、大腸全体に炎症のある全大腸炎型に分けられます。

 注腸造影検査でも、大腸全体の炎症や変形の広がりを知ることができます。血液検査では、炎症反応の程度をみたり、貧血や栄養不良が生じていないかなどを調べます。

<治療の方法>
 多くの患者さんは適切な治療で通常の社会生活が可能ですが、重症度により治療法が異なります。比較的軽症の場合は、5‐アミノサリチル酸製剤(サラゾピリン、ペンタサ)の内服、ステロイド薬の内服を行います。炎症が直腸や大腸の左半部に限られている時には、ペンタサやステロイド薬の注腸製剤を肛門から腸の中に注入して使用する場合もあります。
 重症の場合は入院し、サラゾピリンやペンタサの内服に加えてステロイド薬を静脈内投与します。腸管を安静にするため絶食とし、中心静脈栄養が必要になることもあります。白血球除去療法は炎症の原因となる白血球を血液から取り除く治療で、副作用が少ないことが特徴です。病状によって免疫抑制薬を使用することもあります。

 これらの治療で改善せず激しい症状が続く時や、たびたび悪化する場合は大腸を摘出する手術が必要になります。また潰瘍性大腸炎を発症して10年以上たつと、大腸がんの発生する危険性が高くなります。

<病気に気づいたらどうする>
 よくなったり悪くなったり(緩解と再燃)を繰り返すことが多いため、緩解期になっても治療を中断しないことが大切です。緩解期には厳しい食事制限は必要ありませんが、症状のある時には
低残渣食(ていざんさしょく)でなるべく腸内に食物が残らないように高脂肪食や繊維質の多い食事を避け、アルコールや香辛料をひかえるようにします。肉体的、精神的ストレスをきっかけに悪化することがあるため、ストレスを多く受けないような自己管理も重要です。

厚生労働省の特定疾患に指定されているので、申請すると医療費の補助が受けられます。

当院の施術は自律神経のバランスを整えて腸内の血流を高めます。
一時的に症状は悪くなりますが長い目で見ると血流を高めたほうが緩解期も長く続き
内臓も働きが正常になります。この病気の方は過敏になっていますので神経の興奮を抑えていきます。




2017年03月24日 [鍼灸治療]
 50代からの健康管理をしっかり行うことにより、その後の人生を楽しく豊かなものにすることができます。多くの女性は50歳前後に
閉経を迎え、ホルモンのバランスが大きく変わります。まずは更年期と言われるこの時期に向き合わないといけません。

生活習慣の乱れから不調が表れるのも50代から多くなっています。日々の体調管理や姿勢に気を配り
生活の改善や体力をつけるなどして、健康を維持して行くようにしましょう。
何よりも体が資本ですので過信せず日々のメンテナンスを心がけて下さい。

閉経後は色々なつらい症状も少しずつ落ち着いて来ます。50代後半になると、体が新しいホルモンのバランスに慣れてくるため
心身ともに軽くなってきます。
しかし、女性ホルモンのエストロゲンが減少しているため、コレステロール値の上昇や骨密度の低下
免疫力の低下などに注意する必要があります。

体の変化
妊娠や出産を控えた10代後半から20代の女性の卵巣には数十万個の卵胞があり、規則的に生理が訪れます。
しかし、40代になると卵胞の数は急激に減少し、50代になると数千にまで減少します。

卵胞の数が減少するに伴って卵巣機能も衰え始め、女性ホルモンのひとつであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の
分泌量も低下していきます。
このエストロゲンは、排卵を促すほか思春期には乳房や子宮を発達させるなどの働きがありましたが
減少することにより月経周期が乱れるようになります。

脳は、減少したエストロゲンをもっと分泌しようとして、脳下垂体から性腺刺激ホルモンをどんどん分泌しますが
それが自律神経のバランスを崩してしまい、めまい、ほてり、発汗、頭痛、息切れ、動悸、不眠など、色々な不快症状が現れます。
これが「更年期症状」と呼ばれるもので、一般に40代後半から50代前半に表れます。
エストロゲンの減少に伴い、骨密度の低下、コレステロール値の上昇するなどの変化も見られるようになります。

更年期症状と更年期障害
更年期症状は、単独で表れることもありますが、多くの場合、複数の症状が重なって表れます。
症状の強さも個人差があり、ほとんど気にならない人もいれば、家事や外出ができなくなったり
時には寝込んでしまうほど重症化することもあります。
性格がまじめで責任感が強い女性ほど症状が強く出るというデータもありますが
このような日常生活に支障をきたすほど強い場合を、「更年期障害」と言っています。

50代女性の場合、環境の変化が激しくなりがちです。
環境の変化の影響で日常生活が不安定になると、自律神経のバランスがさらに不安定になり、更年期障害も重症化しやすくなります。
特に不眠やイライラ、うつ症状など、精神的症状が悪化しやすくなるため、注意が必要です。
しかし一時的ですのでそれほど心配することはありません。

本人が気づかないうちにイライラを家族へぶつけるようになってしまいます。
それで発散出来る当人は良いのですが言われた方はたまったものではありません。
50代の方はここで自分を見つめなおし身体の不調を取り除いて家族とも
笑って過ごしたいですね。

当院の免疫療法では白血球のバランスを整え、最適な自律神経の調和をはかります。
毎日が穏やかに過ごすお手伝いをさせて頂きます。


2017年03月22日 [骨盤矯正]
脊柱管狭窄症とは?

原因は何か
. 先天的でない場合、加齢、外傷による椎骨の退行性の変化および軟部組織の肥厚(ひこう)が原因となります。
 腰椎の場合はすべり症、黄色靭帯(おうしょくじんたい)の肥厚や石灰化も原因となります。靭帯が背骨を被っているため
そのバランスが崩れると一定の方向に不可がかかり変形を伴います。

症状の現れ方

・ 腰椎の場合は両側または片側の下肢の痛み、感覚障害、筋力低下が主な症状です。また歩行すると脚の裏がシビレて歩行ができなくなりますが、前かがみにしゃがんで安静にしていると数分で痛みは消えて再び歩行が可能になる間欠性跛行(かんけつせいはこう)が特長です。症状が進行すると、排尿障害が出現します。

施術法
脊柱管内部の組織を和らげていく作業を行います。上からみて8の字に背骨を動かすことによって少しづつ柔らかくなっていくことがわかっています。手の感覚で狭くなっている腰椎を探りそこにポイントを合わせて和らげていきます。施術に痛みは全く伴いません。
痛かったり辛い場合は即、中止します。多くの患者様が施術により歩行距離が長くなったりシビレが消失したりしています。
痛いからといって家に閉じこもってばかりいると余計に症状がひどくなってきます。健康な時期を伸ばしたいですよね?
いくつからでも改善できますのでお気軽にご相談下さい。



2017年03月21日 [骨盤矯正]
腰椎すべり症と聞いたことがないような病名ですが比較的多くの患者様が患っています。
腰の骨は5つあるのですがその並びが軽く前にカーブしています。その並びから一つだけ前に飛び出して神経を圧迫してしまいます。
横から見て水平ラインから仙骨上部の角度は35度が理想とされています。
すべり症の方はこの角度が増して35度以上になってしまいます。前に角度が付けば当然滑りやすくなります。

施術としては前に滑っている骨を後ろへ矯正します。もう一つは仙骨の角度を調整します。
不安定な状態にある腰椎を機能不全に陥らせないために活動しているのが腹腔内圧と後部靭帯系、そしてインナーマッスル系です。
腹腔内圧とインナーマッスルはご自身で鍛えることが出来ますが靭帯とズレは一人ではどうしようもありません。
いくつかの靭帯も背骨を被っているのですがこのバランスを正しい位置へと戻していきます。
施術出来るところは当院でしますがご本人でやっていただく事もあります。こちら任せでは治りませんので
体操やストレッチ姿勢などの指導も致します。
すべり症の施術風景ですが非常に軽い刺激です。角度と姿勢を中心とした施術ですので怖そうに見えますが全然心配要りません。



すべり症が原因で脊柱管狭窄症も併発することが多いです。
また脊柱管狭窄症の編でアップします。



2017年03月14日 [骨盤矯正]
場所前に調整をしたほうが良いということで
名古屋の熊本接骨院の院長である父がかけつけて横綱の治療をしました。

痛かろうがくすぐったかろうがこちらのやるべき仕事を淡々と気合を入れて治療していく姿は圧巻でした。
いつも余計な会話をしたり気を使い過ぎたりして患者様に気持ちが伝わってなかったのだと今更ながら反省しました。
集中力を高めて気合が入っていく頭蓋骨調整をしたあと
私が内臓調整の鍼をしました。

横綱
たまたま居合わせた患者様と日馬富士関とのアップです。
左の手前が父です。


2017年03月11日 [骨盤矯正]
ひがし鍼灸接骨院は大阪城公園に近いためマラソンをしている患者様が非常に多いです。
当院に明日の名古屋ウィメンズマラソンに出場される患者様が3人いらっしゃいます。
それぞれ股関節痛、アキレス腱の疲労、ふくらはぎの肉離れなどまあまあ重症なのですが
彼女達に出場しないという選択肢はありません。
なんとかして欲しいと来院されるのでこちらも全力で施術させてもらいました。
もう泣いても笑っても明日が本番です。
テーピングでガチガチに固めて出場のSさん
アキレス腱が痛いNさん
股関節に痛みのあるTさん
明日は完走出来るように応援しています!



PageTop