脊柱管狭窄症は改善します。 - 大阪市中央区の治療院ブログ|ひがし鍼灸接骨院

ひがし鍼灸接骨院
ひがし鍼灸接骨院
2017年03月22日 [骨盤矯正]

脊柱管狭窄症は改善します。

脊柱管狭窄症とは?

原因は何か
. 先天的でない場合、加齢、外傷による椎骨の退行性の変化および軟部組織の肥厚(ひこう)が原因となります。
 腰椎の場合はすべり症、黄色靭帯(おうしょくじんたい)の肥厚や石灰化も原因となります。靭帯が背骨を被っているため
そのバランスが崩れると一定の方向に不可がかかり変形を伴います。

症状の現れ方

・ 腰椎の場合は両側または片側の下肢の痛み、感覚障害、筋力低下が主な症状です。また歩行すると脚の裏がシビレて歩行ができなくなりますが、前かがみにしゃがんで安静にしていると数分で痛みは消えて再び歩行が可能になる間欠性跛行(かんけつせいはこう)が特長です。症状が進行すると、排尿障害が出現します。

施術法
脊柱管内部の組織を和らげていく作業を行います。上からみて8の字に背骨を動かすことによって少しづつ柔らかくなっていくことがわかっています。手の感覚で狭くなっている腰椎を探りそこにポイントを合わせて和らげていきます。施術に痛みは全く伴いません。
痛かったり辛い場合は即、中止します。多くの患者様が施術により歩行距離が長くなったりシビレが消失したりしています。
痛いからといって家に閉じこもってばかりいると余計に症状がひどくなってきます。健康な時期を伸ばしたいですよね?
いくつからでも改善できますのでお気軽にご相談下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop