脳の疲れ 〜脳疲労〜 - 大阪市中央区の治療院ブログ|ひがし鍼灸接骨院

ひがし鍼灸接骨院
ひがし鍼灸接骨院
2017年04月29日 [骨盤矯正]

脳の疲れ 〜脳疲労〜

 脳疲労の主な症状は認知力の低下症状です。
脳疲労は、理解、判断、論理などの人間の知的機能が低下します。
認知能力は個人の能力や資質が影響しますが、 脳が疲れているときには個人が持つ認知能力を
最大限に発揮できない状態です。

<脳疲労の主な症状>
•集中できない
•記憶力の低下
•もの忘れ
•理解力の低下
•判断力の低下
•表現力の低下
•コミュニケーション能力の低下
•思考力の低下
•作業効率の低下
•注意力の低下
などの症状が出てきたら、ちょっと一休みした方が効率が良くなります。

< 脳疲労の回復方法>
•運動 軽い運動をしたり、散歩などで改善します。
•栄養 アミノ酸やタウリン、ビタミンB群など
・仕事や作業の進め方を変える 
・鍼灸、頭蓋骨調整

その他脳疲労回復方法

(昼寝)
 20〜30分程度の昼寝は脳と体をリフレッシュし、生産性を向上させることが分かっています。

(目・首・肩を温める)
 首、肩を温めると脳への血流がよくなり、脳疲労を回復する効果があります。

(香り)
 アロマテラピーは「香り療法」と言われるように、香りによって脳疲労や体の疲れを癒やすことができます。
脳疲労に効果のあると言われている香りはローズマリー、ペパーミント、ラベンダーなどが代表です。人によって違います。

(血流を良くする)
脳は全酸素供給量の20〜25%を消費します。
そのため、血流が悪くなると脳が疲れやすくなり、 集中力や判断力などの認知機能の低下を招きます。
マッサージ、ストレッチ、姿勢を良くするなど、 手軽にできる方法があります。

(その他)
 リラックスすることで脳を休める「深呼吸・瞑想」や「音楽」 なども脳疲労の回復に効果があります。

上記のやり方は一時的もしくは短期的なもので
脳への血流量を常時改善させる事が根本解決になります。

出来ますか?
「出来ます!!」その根拠は
・首の歪みを整えて脳への血流量を増やす。
・頭皮や首の緊張をほぐしながら血流を高める。
・頭蓋骨の歪みを整えて脳内の血流を高め、神経伝達を恒常的に円滑にします。


仕事やスマホ、ゲームなどで集中しているといつの間にか数時間経っていてグッタリしてしまうとか
段々とイライラしてきて周りに気を使わせるとかミスを連発してきたら
”頭蓋骨調整”です。ヘッドマニュピュレーション言いにくいですが
慣れてきたら同僚や家族に「ちょっとマニュってくるわ」と言って来院してください。
特に経営者の方や重要な役職、責任のある仕事の方には必要な時間です。
集中して人より短く能率の良い仕事が出来るようにサポートさせていただきます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop