顎(あご)関節症  - 大阪市中央区の治療院ブログ|ひがし鍼灸接骨院

ひがし鍼灸接骨院
ひがし鍼灸接骨院
2017年04月19日 [骨盤矯正]

顎(あご)関節症 

顎関節症とは?
 顎関節部や咀嚼筋などの疼痛、関節音、開口障害ないし顎運動異常を主要症候とする疾患群の総括的診断名であり
その病態には咀嚼筋障害、関節包・靭帯障害、関節円板障害、変形性関節症などが含まれるとされています。
主な症状は
・口を開けると痛い。
・口を開けるときに音がする。
・口が全部開かない
・口を開けると下顎がゆがむ
・頭痛
などです。

原因には、不正咬合、生活習慣、心因性、頭蓋、顔面骨のズレなどが原因と言われています。

<顎関節症が引き起こす疾患>
・外側翼突筋の障害
 就寝時の歯ぎしりなどにより、外側翼突筋が断続的に強く収縮した結果、同筋が強く疲労し障害を受けることがある。
この疾患が軽症の段階は、「筋肉疲労」の状態である。重症化すると「腱鞘炎」の状態になる。

・関節円板前方転位
 おもに関節円板を後方から支えている円板後部組織が何らかの原因により障害を受けて、関節円板が
前方に転位した場合にこの疾患名が付けられる。

・変形性顎関節症
 変形性顎関節症は、顎関節を構成する軟骨や骨の変性性疾患である。診断は、X線写真により、関節結節の平坦化や骨の反応性増殖による骨棘、柔らかい組織が骨化した像が認められることなど、顎関節の構成要素に器質的変性を伴う場合、この疾患名が付けられる。治療方法は、おもに対症療法が中心となり、予後は良くない。

・心因性の顎関節症
 いわゆる「顎関節症」の症状を示す患者に対して、診断することができない場合、この疾患名が付けられることがある。
心因性の顎関節症は、心理的・精神的原因により顎関節部に発症することがある。

口を開ける筋肉と閉める筋肉のバランスをとって頭蓋骨を整えていきます。

全ての顎関節症に頭蓋骨矯正が有効かというとそうではありません。
変形のあるものや長い間放置された症状は取れません。

私は大阪で顎関節のセミナーを開いたことはありませんがありがたいことに
どこからともなく歯科医院の先生から紹介があります。
今まで口が開かなかった患者様の口が大きく開くようにになっていることで歯科医師の先生も感心されるそうです。
顎関節症でお困りの方は
再現性のある確立された施術法がありますので一度ご相談下さい。



このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop