ベスト更新! - 大阪市中央区の治療院ブログ|ひがし鍼灸接骨院

ひがし鍼灸接骨院
ひがし鍼灸接骨院
2019年12月20日 [骨盤矯正]

ベスト更新!

先月のグロワールゴルフクラブでベスト更新することができました!
”89”です。
PAR71のコースでしたので大手を振ってというわけにはいきませんが・・
それでも嬉しい80台突入です!

仕事もせずにゴルフばっかり行ってこの院は大丈夫か?と思われそうですが
ちゃんと毎日勉強しております。
セミナーにも必ず毎月行って一心不乱に受講しております。

ゴルフも無駄ではなく紹介があったり自分が患者になったりと
仕事に結びついております。

しかし自分の体は悲鳴をあげています。
腰の背骨の真ん中をグリグリ押さえると痛みがあります。
おそらく棘上靭帯炎か椎間関節炎でしょう。


*棘上靭帯炎
棘上靭帯とは背骨の首から骨盤まである靭帯です。部分的に炎症を起こして
押さえると痛い症状です。

*椎間関節炎
主に腰を反らす動作で腰に痛みを来たすもの。
過度に腰を動かす動作やスポーツなどの無理な動作で生じることが多い。

このどちらかでしょうがゴルフをやめようとは思いません。
炎症が治まれば痛みはなくなります。

今後の予防には
・練習量を減らす
・ストレッチ
・筋トレ
・骨盤の矯正
などで維持することができます。

体痛めてまでやることなの?と皆さん思いでしょうが
すみませんとしか言いようがございません。

・ストレッチのやり方ですが大腿四頭筋・腸腰筋・腹筋のストレッチが重要になります。
単純に説明しますが
上半身はまっすぐ立ったまま片足を後ろに伸ばして
もう片方は90度ひざを曲げて維持です。

・筋トレは基本の腹筋、背筋、スクワットです。
これだけでエンジョイプレイヤーなら維持できると思います。
300ヤード飛ばしたいとか思っている方は上腕、大胸筋なども鍛えたほうが良いと思います。

・あとは骨盤の調整です。
こればかりは治療院じゃないとできません。
私のゴルフ仲間も通院されています。
何もしないと必ずどこか痛めますので
過信せず素直に治療院へ通いましょう!

片方ばかりねじる動作ですので間違いなく骨盤についている筋肉の
どちらかに負担がかかります。
負担がかかり続けるといつか破綻します。
なってからでも治療法はありますが
時間とお金がかかります。(その間にフォームを忘れてしまいます)
そうならないためにもプレー後のメンテナンスをお勧めします。









このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop